2016121401.png

 

日文 假名 重音 中文
へん 1 變化/奇怪
べつ 0 別的/另外
あじ 0 味道
駄目 だめ 2 不行
無理 むり 1 不講理/勉強/過分
危険 きけん 0 危險
大事 だいじ 3 重要/寶貴
盛ん さかん 0 繁榮/盛大
確か たしか 1 的確/確實
寝坊 ねぼう 0 貪睡晚起
不便 ふべん 1 不方便
自由 じゆう 2 自由
邪魔 じゃま 0 打擾/妨礙
適当 てきとう 0 適當/合宜
特別 とくべつ 0 特別/格外
必要 ひつよう 0 必要/必須
複雑 ふくざつ 0 複雜
安心 あんしん 0 安心
安全 あんぜん 0 安全
簡単 かんたん 0 簡單
経済 けいざい 1 經濟
残念 ざんねん 3 遺憾/可惜
失礼 しつれい 2 失禮/不禮貌
親切 しんせつ 1 親切
心配 しんぱい 0 擔心
丁寧 ていねい 1 禮貌/鄭重/謹慎
熱心 ねっしん 3.1 熱心/熱情/熱衷
反対 はんたい 0 反對
随分 ずいぶん 1 相當地/非常地
十分 じゅうぶん 3 充分/足
真面目 まじめ 0 認真的
一生懸命 いっしょうけんめい 5 拚命的/努力的
久しぶり ひさしぶり 0.5 久違/好久(不見)
あんな ------ 0 那樣的
そんな ------ 0 那樣的
こんな ------ 0 這樣的
オーバー ------ 1 過度(over)
ソフト ------ 1 柔軟(soft)
ハード ------ 1 嚴酷(hard)

 

【說明】

1. 「大切、大事、重要」的差別

「大切、大事、重要」的中文都是「重要」的意思,其中「大切、大事」意思差不多,都是偏向主觀,大多為個人觀點,跟個人有關;「重要」就不太一樣了,是對社會大眾、國家立場等來說重要的,像是國家重要文化財產、歷史重要人物等,都是在客觀上具有重要意義的。簡單差別如下:

大切(たいせつ) :主觀、個人(此用法最為常見)
大事(だいじ)  :主觀帶有一點客觀,個人或非個人
重要(じゅうよう):客觀、大眾社會

例句:

A. このカードは僕にとって大切なものだ。
(這張卡片對我來說很重要。)→ 個人主觀

B. 雨さんのような大切な人を失いたくはありません。
(我不想失去像小雨這樣重要的人。)→ 個人主觀

C. このプレゼントを大切にします。
(我會好好珍惜這個禮物的。)→ 個人主觀
↑ 「大切にする」表示「珍惜」(因為重要所以珍惜)

D. 心を静める時間を持つ事が特に大切だと思います。
(我認為讓心靜下來等待時間是很重要的。)→ 個人主觀

E. この写真は私と娘の大事な宝物です。
(這張相片是我和女兒最重要的寶物。)→ 主觀帶有一點客觀

F. 自分を超えるっていうのは大事なことですよね。
(超越自我是一件很重要的事對吧。)→ 主觀帶有一點客觀

G. 受験勉強は今がいちばん大事だ
(當前最重要的是考前溫習。)→ 主觀帶有一點客觀

H. 自然を大事にする
(珍惜大自然。)→ 主觀帶有一點客觀

I. お大事に
(請多保重)※慣用句 

PS. A~H可互換,I 為慣用句固定用法。

J. ニコライ堂は国の重要文化財に指定されています。
(尼古拉堂(東京復活大聖堂)被列為重要文化財產。)→ 客觀/社會大眾

K. サールストレムは20世紀半ばにおける重要な演奏家である。
(莎露絲(Sahlström)是二十世紀重要的演奏家)→ 客觀/社會大眾

L .佐世保は日米同盟にとって重要な場所だ。
(佐世保是美日同盟重要的地方。)→ 客觀/社會大眾

M. 憲法上、首相の代表性を明確にすることが極めて重要になる。
(憲法上,明確首相的代表性是極為重要的。)→ 客觀/社會大眾

N. 経済や文化面での交流が、歴史的に極めて重要だった。
(經濟與文化層面的交流,具有歷史性的重要意義。)→ 客觀/社會大眾

※(1) 注意形容動詞的接續,後接名詞或動詞會有「な、に」等差別
※(2) 以上出現不少上級文法單字,這在以後都會學到,這裡請先以N4單字為主即可

 

2. 一懸命(いっしょうけんめい)也可寫做一懸命(いっしょけんめい)
 ↑ 注意這個「所(しょ)」沒有長音。「生(しょう)」則是有長音。
 以「一生懸命」較為常見。

 

【例句的語彙】

失う(うしなう)、静める(しずめる)、特に(とくに)、宝物(たからもの)、超える(こえる)、指定する(していする)、世紀(せいき)、演奏家(えんそうか)、佐世保(させぼ)、日米関係(にちべいかんけい)、憲法上(けんぽうじょう)、首相(しゅしょう)、代表性(だいひょうせい)、明確(めいかく)、極める(きわめる)、経済(けいざい)、文化(ぶんか)、交流(こうりゅう)、歴史的(れきしてき)。

 

© 時雨の町

 

延伸閱讀:

N5日文單字(形容動詞) 綜合

, , , ,
創作者介紹

時雨の町-日文學習園地

時雨 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()